つい最近、病院へ行き、いつもと同じように
血液検査を受けてきました。


体が感じていることと、血液検査の結果と
ほぼ同じような状態になっています。


もちろん、他の人から見てもわかることは
ありませんが・・・


現在のリウマチの状態が、どのようになり
体感はどのようなものなのか、
何をしたら、どのように変化していったか
をお伝えしていきます。


それでは、目次です↓



スポンサーリンク






今回のリウマチの血液検査の結果

まずは血液検査の結果になります。
重要指標のCRPMMP3のみです。


ちなみに、肝臓の状態を表すものや
尿検査の結果は正常値にあります。




CRP  0.25 (前回 0.4)
MMP3 235  (前回 205)




CRPは基準値以下になりました!

嬉しい
がしかし


MMP3は前回と比較しても上昇、
基準値のほぼ倍と高い数値を示しています。

残念な気持ち



なぜ、このようなことが起こったのでしょう?


私は、お医者さんではありませんが
今まで自分の血液検査の結果を通して
このような状況になった仮説をたてて
みます。


スポンサーリンク



CRPは基準値以下まで下がる!



まずはCRPの結果は0.25です。
結果としては上々ですね。


なぜ、このような状況にまで好転したのか。


それは、ただただ体をあまり動かさなかった!
ことにあると考えています。


もちろん、体感としてもいままで痛みがあった
右手首の痛みがかなり軽くなっています。


右手首の痛みの減少は、なるべくパソコンや
スマホをみる時間を減らしたため、負担も
なくなっていったことにあると考えています。
パソコンでの作業


それでは、なぜ

MMP3が前回より上昇したのか?

上昇した理由については、正直わかりません(笑)


わかりませんが、体感自体はありました。


それは何かと言ったら、左肘の重さにあります。
動かしにくさ、こわばりといった感じが
改善されていない感覚が続いていました。



もし、MMP3の上昇の原因が分からない
なら手の打ちようがないじゃないか!
疑問に思う女性


と言われるかもしれません。


そうは言っても、自分なりに仮説を立てて
MMP3を改善していくしかありません。


なぜなら、リウマチを完治したいですからね。

MMP3で何がわかる?

ちなみにMMP3を簡単に説明すると
関節にある軟骨が破壊されているかを
測る指標ですかね。

詳しくはこちら

MMP3を下げるために心がけること

次回の血液検査は9月以降になります。
それまでに、やっていきたいことをお伝えします。


  1. 呼吸を今まで以上に意識すること
  2. トランポリンをする頻度を増やしてみる
  3. PCやスマホは23時には切り、24時には寝る




上記3つを心がけていきます。

呼吸を今まで以上に意識すること

呼吸なんかいつでもしていると思われますよね?
呼吸をしなかったら、ものの数分であの世へ・・・


ただ仕事をやっている最中、呼吸が浅くなって
疲れやすい状態になっているときがあります。
仕事で忙しい


ドライブをしていても、混んでいる道を走って
いると、とても緊張して呼吸が浅くなったりします。
渋滞中のドライブ


緊張状態があることは必要です。


それが、度が過ぎると疲労が蓄積してしまい
リウマチにも悪いと思われます。


トランポリンをする頻度を増やしてみる



なんでトランポリン?
トランポリン


と思われたに違いありません。


今回は、あくまで仮説なのでお付き合いください。


トランポリンをすることで、緊張している
筋肉をほぐして血流を良くしたいと考えています。



もちろん、足の指や足首、ひざ、股関節が
痛い人(私もときどきあります)
には少し難しいかもしれません。


ただ、トランポリンの上でほんの少しだけ
上下に揺れている状態だけでも、血流は
良くなるはずですし、ゆれていることで
リラックスできますよ。

PCやスマホは23時には切り、24時には寝る

PCやスマホを観ているとどうしても
目が疲れてしまいます。


それに、PCもスマホも長時間見ると
姿勢が悪くなる傾向がありますよね。



私の場合、この傾向が特に強いです!


姿勢が悪ければ、呼吸もしづらくなるし
疲れやすくなります。


スマホを持っていると、肘に負担がかかります。


なので、23時にはどちらも電源OFF
にしていきます!

PC スマホ 電源OFF


まとめ

リウマチを完治するために、
昨年から気持ちを新たにいろいろと
行動してきました。


いい結果として現れているところもあって
少しは前進していると思います。


ホッとしているところもあります。


MMP3を改善するためのポイントをまとめると

リラックス

そのために、今まで続けてきた


  1. HSP入浴法(薬用ホットタブ重炭酸湯を使って)
  2. あいうべ体操
  3. 友人と直接会うこと

は、今後も続けていきますよ。



そういえば、あいうべ体操の考案者
みらいクリニックの今井一彰先生が
みやねやさんに出ていました。


それも、今話題の藤井聡太四段の
強さについて語っていました。


将棋で最年少の連勝記録更新した人が
藤井聡太四段です。


その、強さの秘訣がここ一番での




あくび
あくび




だそうです。


あくびをするのは、脳に酸素が不足していて
それを補うために行っているとのこと。


授業中にあくびをすることは、よかったんですね。
本当は。


熟睡していたら、あくびはしないでしょうしね。


なので、積極的にあくびをしていきましょう!


あくびをするのは意識的にも出来ますよ。



大きく口を開けて!
口を大きく開ける


息を吸ってみる!



たったこれだけでできますから。




そして、リラックスをしていくために

まずは引くことを考える



いきなり引き算の話ですか?!


と思われたかもしれません。
この“引く”というのは、スマホやPCを
見る時間を今までより、少なくしていくことと
つながっています。



なので、まずはリウマチを良くするために
今までやっていた行動で、直接リウマチに
良くない行動を辞めてみるということです。



とても大切なことだと思いますので、
ぜひ考えてみてください。




リウマチを良くするために!



リウマチが良くなるため、
心も体もリラックするための




必要のない行動は何か?



ということを。




それでは
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク



もし記事が面白かったり、役に立ったりしたら
↓ ブログランキングの応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

>>免責事項