11月に入り、天候もかなり安定してきてドライブにはいい季節ですよね!


秋の紅葉


だんだんと紅葉も見ごろになるころですし、天気もいいので日中はポカポカ陽気で観光地でゆっくりと散歩をするにもいいですよね。


ところが
やさしいパートナーがいない場合は、あなた自身が観光地までドライブをしないといけなくなるかもしれません。


車の運転が好きで、あなた自身が運転をするかもしれませんが…



今回は、リウマチの人にとってドライブをするときに気を付けておきたいことをお伝えしていきます。


スポンサーリンク

できる限り日常生活のリズムと同じような日程づくりをしていきましょう。

これはリウマチの人に限らないことだと思われるかもしれませんが、特に病気を抱えている人にとっては生活リズムをなるべく一定にすることを心掛けたほうがいいと思います。


なぜなら、リウマチの人にとってみると疲れが残る状態の場合だと、翌日以降に体調を崩して痛めていた関節が余計に痛くなる恐れが出てきてしまうからです。




特に、あなたが一番痛いと感じている関節に…


手首が痛い



私の場合だと、今回は5時半くらいに目覚ましが鳴り始める前に起きて帰宅は翌日の1時くらいでした。(よって就寝は3時近くになってしまいました)



いつもだと8~9時くらいに起きて、寝るのが1時前後なのでかなりの違いがありますよね。


今回のドライブの場合だと、起きている時間で21時間(ドライブ)-16時間(日常)=約5時間も生活のリズムが変わっています。



しかも、ドライブ中は緊張のしっぱなし!




なので、疲労回復までに時間がかかってしまいます。


疲れて寝込んでいる女性



そのような理由から、
できる限り日常生活のリズムの範囲内でドライブをするといいですよ。


スポンサーリンク

高速道路を運転する場合にはサービスエリアなどでリラックスを

高速道路は歩行者や自転車の飛び出しがない分、運転は楽なところはあります。
ただ、いつも時速100㎞くらいでドライブをすることはないので違う意味で神経を使ってしまいます。


ドライブ中の女性



身体も緊張していて、呼吸が少なく浅くなる傾向が強くなると思いますので1~2時間に1回は休憩をしましょう。


しかも、帰りにはもっとこまめにサービスエリアなどで休憩をしたほうがいいでしょう。

サービスエリア


今回の私のドライブでは、3時間程度のドライブだったことと帰りは急ぎたかったこともあり、行き帰りともに1度の休憩しかしませんでした。
帰りが遅くなったこともあって、渋滞も比較的、短時間で抜けることができたので疲れることはありませんでした。


もし、4時間以上ドライブの必要があった場合なら、
渋滞に入る前・渋滞から抜けた後の近くのサービスエリアで計2度、休憩を入れると身体的にはかなり楽になりますよ。
渋滞している高速道路

今回のドライブ後の体調について(リウマチの痛みなど)

先ほども触れたとおり、活動している時間がドライブをした日といつもの生活とで5時間近くも増えてしまったため、体調としてはあまり良くはありません…


調子の悪い 女性


今回の私の場合では、
左ひじの痛みと腫れ・右手首の痛みが強く感じています。




ちょっとだけ(笑)失敗してしまいました。




今後はそのようなことの無いように計画を立てていきますよ。


計画 手帳


実際のところは、計画の立て方が若干、雑だったことが影響して帰宅が遅くなってしまったわけですが(苦笑)


まとめ

いかがでしたか?


今回は日帰り旅行や日中のドライブに参考にしてもらえばと思い、記事にしてみました。


もしドライブをしようと思った当日、関節のこわばりが強かったり痛かったりした場合は、ドライブを中止したほうがいいと思います。

ダメ


とはいっても、楽しい一日になりそうということでリウマチのことも忘れてしまっているかもしれませんが…


とにかく、無理な日程にしないよう心掛けてくださいね。


それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


もし記事が面白かったり、役に立ったりしたら
↓ ブログランキングの応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

>>免責事項