リウマチで足が痛い!そんなあなたにオススメの靴の選び方とは?







リウマチになった人なら分かると思います。



リウマチになって足が痛くなったり
足の変形が少しずつ少しずつ進んでいくにつれて、
靴があることへの感謝が深くなっていきます。




もし靴というものがなかったら、まったく
外出することが出来なくなってしまうでしょう・・・



だから、
靴というものを生み出してくれた人に感謝です!



それに
たぶん、草履だと長くは歩けないかもしれません。

草履


そういうわけで、リウマチになってしまった人の
ために、リウマチ歴30年以上の私から靴選びの
方法をお伝えしていきます。



スポンサーリンク

つま先の細い靴、ローファーなどは避けたほうがいい

これは、つい最近の私の失敗談です(苦笑)


私の足は男性としては小さいほうだと
思いますが、比較的、幅は広いほうです。


恥ずかしながら、足の画像になります。
見たくない方は、一気にスクロールを(笑)



足



足の全体を写していませんが、壁にかかとを
つけた状態にしています。


そのような状態で、右と左の足の大きさが
これほど違う訳です。(約1cm)



そうすると、靴選びだけで大変です。


私の場合、基本的には
大きな右足に合わせる
ようなかたちになります。


そして、なぜローファーを避けたほうがいいと
考えたのか・・・



その理由は、足の甲がしっかりと固定できない
ため、



  • 足首が腫れていなければ靴が脱げてしまう
  • 逆に足首が腫れていれば靴が履きにくい




状態になってしまいます。


実際に私が購入したローファーです。

ローファー

足首が腫れていなければ靴が脱げてしまう

左足のほうには靴屋さんが調整してくれて
つま先にはソールが入っています。


ソールを入れることによって、靴先を
少し小さくする効果はありますが、
リウマチの状態がよく、足が腫れていない
ときは普通に歩いているだけで靴が脱げそう
になります。



そのような状態で歩いていることによって
足首を痛めてしまうことになります・・・



スポンサーリンク

逆に足首が腫れていれば靴が履きにくい

こちらのほうは、イメージがしやすいのでは
ないかと思います。



足が痛いときには、足が腫れてしまう場合
がありますよね?




ほとんどの場合、靴を買いに行くときは
リウマチの状態がいい、もしくは安定して
いる場合だと思います。


そのいいときの状態で購入した靴は
足が腫れていないので、足が腫れていたら
下手をすると履けなくなってしまう場合も
あります。


なお、足首だけでなく足の指が腫れて
しまう場合もあります。


ちなみに私の場合は、
右足の中指が腫れています。

右足


画像ではまったく分からないかもしれませんね(笑)


そして次に避けたほうがいい靴は

靴の底が固かったり、ヒールが高かったりする靴は避けたほうがいい

特に、女性だとヒールの高い靴を履きたい
シチュエーションもありますよね!

ハイヒールと女性の足


ただ、本当にヒールの高い靴を履かないと
いけないのでしょうか?


まったく、別のケースになりますが
ピアニストの方はほとんどの場合
ヒールのある靴を履きません。

(全員を確認したわけではありませんので、ほとんどとしておきました)



それはなぜかと言えば、転んでしまう
可能性を少しでも減らしたいからです。


転んでしまったら、足首を痛めるかもしれない・・・
手首や指を痛めてしまったらピアノが弾けなくなる。


リウマチになってしまったのだから、
足首を痛める可能性の高いものは避ける。


また、転んでしまったときに他の関節を痛める
ことのないように、安全性の高い靴を履く。



そのような考え方だと、男性の場合でも
靴底がつるつるの靴は避けるべきですね。

靴底 つるつる


また、足首や肘、股関節などのために
靴の底が固いものも避けたほうがいいと思います。

まとめ

リウマチになったとしても、おしゃれ好きな
女性だったら靴にも気を配りたいと思います。


もしそうであるなら、

できるかぎり、足のサイズにあった靴を選ぶ
(大きさもそうですが、幅にも気をつけて)

足の大きさが左右で違う場合は、ソールなどで
調整してくださいね。




足の幅にも気をつけるという点で言えば、
靴ひもで調整することがいいですから、
そのような靴を選ぶといいでしょう。

靴ひもをむすぶ


また、

靴の底にクッション性の高い靴を選ぶ

やっぱり、足首などの関節にできる限り優しい
靴選びをしたほうがいいですよね。


そうすると、足のサイズを選びつつ、
クッション性の高い靴を選ぶとすると、




スニーカー

スニーカーをはいた女性




というのが一番楽なのかもしれませんね。


最後に、2点!


ショッピングはネットで済まして
しまうことが多くなってきていると思いますが
靴選びだけは店頭で、出来ればしっかりとした
店員がいるようなところで購入することを
オススメします。



あとは、リウマチで足が腫れてしまった
時のことも考えながら靴選びをしていきましょう!


それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。



スポンサーリンク

もし記事が面白かったり、役に立ったりしたら
↓ ブログランキングの応援クリックをお願いします♪

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村

>>免責事項