体が冷えるとリウマチがつらい…?血液検査の結果と寒い日の生活について







1月はとても寒い日が続きましたね。

スカイツリーと雪


リウマチの調子はいかがですか?


もともと、冬の時期に雪が降るような地域に住んでいるのなら多少の寒さには慣れているのでしょうが、あまり雪の降らない地域でたくさんの雪が降った場合、とても寒く感じますよね…



それでも、今年の1月はとても寒かったようですね。


もしあなたの関節のどこかが変形していたら、その部分に関しては痛みが増したかもしれませんね…


1月中にいつもの通り、血液検査を行ったので検査結果と諸々のことをお伝えしていきます。



スポンサーリンク

血液検査の結果について

寒さが本格化する前に、血液検査をしてきました。
それでも、寒いのは苦手ですね…


それはさておき、1月の血液検査の結果は



CRP :0.7
MMP3:220




でした。




MMP3は15ほど下がったものの、
CRPは0.1上がってしまいました。

MMP3,CRPの推移1801


このような血液の状態だと、変形している関節に対しては痛みや腫れなどを感じてしまいます。


それでも、日によっては痛みが軽いときもあるし、強くなってしまう時もあります。


天候によっても左右されますが、痛みや腫れの波が小さくなり感じないようにすることを目標にしていきます。


スポンサーリンク

変形している関節の状況について

左ひじに関しては、腫れていたり痛みがあったりの状態が続いています。
なんとかしないといけないですね。


右手首の同じような状態ですが、若干弱い感じです。


右手中指は、作業療法士さんの指導のおかげで痛みがとれて、かなり楽になっている状態です。


もちろん、痛みの状況によってやり方は変わるかもしれませんが、こんなやり方もあるよ!
くらいの気軽な感じでとらえてくださいね。



すべての人に効き目があるなんて思っていないので。



やっぱり冷たい手のままやるよりは温めたほうがいいですよね♪
(個人的な見解ですよ)


なので、お風呂に入ってしっかり手が温まったらやり始めます。



  1. 右手の甲、人差し指と中指の間に左指を置いて
  2. 10秒ほど、骨と骨の間を軽くマッサージ
    さする程度でOK!



右手中指の痛み緩和




これだけです!


もし中指が痛い場合は、一度試してみてください。

今後の予定

18年2月は久しぶりのことがあってワクワクしています!


それは

東南アジアへ旅行に行きます♪
やっぱり暖かい気候のほうが体には楽なの?

昨年末くらいに、東南アジアにいる友人から来ないかと言われていました。


日本では2月はまだまだ寒い時期ですよね…

せっかくだったので、少し長めの休暇を取ることにしました。

海外旅行



時差もアメリカやヨーロッパへ行くことを考えると少ないですし、フライト時間もそれほど長くありません。


なので、体に対する負担も大きくないはずです。


気温が暖かい国へ行ったとき・帰ってきたときの体感をしっかりと味わってみます。


ホテルに関しても、今回は友人が取ってくれたので航空券を買うだけで、日本でやることは終了…


お金はちゃんと払いますがね(笑)

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』





また、旅行中は徒歩での移動が多くなるので、足の筋力アップができると思うので、それも楽しみにしています。


海外の公園


ちなみに、こちらはおすすめの記事になります!


日本へいるときにやること

いつも通りのことですが、


  • 月二回の針治療
  • 整体
  • HSP入浴法
  • あいうべ体操(1日に20回を2セット)
  • 油っこくない食事



をやっていきます。
1月は針治療に1度しか行けませんでしたが…



特にHSP入浴法は、東南アジアから帰ってきたらすぐにやるように手帳に書いておきますよ。

帰国後すぐは寒暖差が激しくないことを願っています(笑)
3月下旬の陽気です、なんてことを…

まとめ

2月、1ヶ月間の天気予報ではまだまだ寒いようです。

年に数回しか雪が降らないようなところでは、雪が降らないことを願いたいですね。


また、インフルエンザも流行っているようです。

マスクをした女性
私の周りでは、インフルエンザにかかった人はいないですが、リウマチでリウマトレックスなどの抗リウマチ薬や生物製剤を使っている人は特に気を付けてくださいね。


日常的に薬を飲んでいない人と比べれば、リウマチの人がインフルエンザの薬を飲んでも効き目が表れるまでに時間がかかるかもしれないし、リウマチ自体が悪くなってしまいますよね。


風邪にしてもそうですよね。


なので、お互いに日々の健康にはしっかりと気を付けていきましょうね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。


スポンサーリンク


>>免責事項